Cafe Whizz Kids

働くお母様のための子育て支援情報満載!千葉県市川市にある保育園が運営しているブログです。

こんにちは!


車って、いろいろと面倒なんだな、と

痛感しているマネージャーです。


というのも、実は免許を取ったので

車を買ってみようと思いまして。


本当に気軽(値段は気軽じゃないんですけど)に

買ったら終わり!くらいの感覚だったんです。

あと、保険を掛けるくらい?


そしたら、まぁ色々と出てくる、出てくる・・・。

今回お願いした車屋さんが、私がやらねばならない部分も

色々と手配をしてくださる、ありがたい会社だったんですけど

にしても、色々とありますねぇ・・・。(汗)


何ですか、車庫証明って。

自分の家の敷地なんだから、好きに入れさせてくれよ!!とか思ったり。(笑)

印鑑証明だの、契約書だの、車検だの、

ハンドルだの、アクセルだの、ブレーキだの・・・(←違う)


頭爆発しそうです。(笑)



さて。

今日は、書初めの様子をUPします。


2017kakizome (1)


2017kakizome (3)


2017kakizome (4)


2017kakizome (5)


2017kakizome (2)


2017kakizome (6)


2017kakizome (7)


2017kakizome (8)


2017kakizome (9)


2017kakizome (10)


2017kakizome (11)


2017kakizome (12)


2017kakizome (13)


2017kakizome (14)


2017kakizome (15)


2017kakizome (16)


2017kakizome (17)


2017kakizome (18)


2017kakizome (19)


2017kakizome (20)


2017kakizome (21)




ぜひ、掛け軸に。(笑)

こんにちは!
秋はどこへ行ったのやら。
夏物から冬物への移行が追い付いていない
マネージャーです。

本当にダメだなー、と思うのですが
秋物、冬物って、視野に入るのは
約1年ぶりですよね。

もう、記憶がないんです。
何を着ていたのか、持っていたのか。

だから、『あ、あれ着よう』とか思い出せない。

そして、何より家に帰ると寒かったことを忘れて
バタバタと一日が終わり、気付けば朝。

ここで、気温に気付くものの
出しに行く余裕などあるはずもなく
やせ我慢して出勤する私(笑)

今週末は、入園見学会があるので
その後、自宅に帰って、衣替えをしようと誓ったのでありました(遅い)


さて、題名の事ですが・・・。
先月の敬老の日に向けて、お手紙を
ご祖父母様宛に作成しました。

で。
届いていると思いますが・・・・(汗)


自分たちの封書は、自分たちで投函します。

20150916 (1)

20150916 (2)

20150916 (3)

20150916 (4)

20150916 (5)

20150916 (6)

20150916 (7)

20150916 (8)

20150916 (9)

20150916 (10)


人生、初の投函と言う子もいたんじゃないかな、と・・・。


手紙が届く、独特の嬉しさや開封するときのわくわくする気持ち。
子ども達にも味わってほしいし、なくなってほしくない
コミュニケーション文化の1つでもあります。
こいのぼりぃ~♪

ということで、(どういうことだ)
こいのぼり制作をしました。


まず、1歳のチェリークラスは、絵の具を手のひらと
足の裏に塗り、手形・足形を押しました。

Koinobori (1)

Koinobori (2)

Koinobori (3)

Koinobori (4)

Koinobori (5)

Koinobori (6)

Koinobori (7)

Koinobori (8)


ドルフィンクラスは、箱の中に白い画用紙を置き
絵の具を付けたビー玉をこの中でコロコロコロ・・・・。
すると、色とりどりの線ができます。


Koinobori (9)

Koinobori (10)


スタークラスは、こいのぼりの胴体に両面テープを貼り
そこにミラーテープ(キラキラしたリボンのようなもの)を貼ります。
これ、結構個性が出ます。

Koinobori (11)

Koinobori (12)

Koinobori (13)

Koinobori (14)

思い思いに貼る子、花の模様にする子、1色で揃える子・・・。
見ていて面白いなぁー、と感じます。
自由な発想で表現する楽しさ、この時期に
イッパイ体感してほしいと思っています
もう、だいぶ前に持ち帰りましたが・・・(滝汗)

5月の制作といえば、こいのぼり!
園には可愛いこいのぼりたちが
いっぱい出来ました~♪

1歳児クラス(手形をとりました)
20140501 (1)


2歳児クラス(レンコンでスタンプしました)
20140501 (2)


3歳~5歳児クラス(段ボール紙を無作為に束ね、筒にはめてスタンプしました)
20140501 (3)


各年齢により、制作のねらいや内容、工程が異なります。
詳しくは持ち帰った詳細をご覧ください。

この手形のこいのぼり。
保育園で初めて作った制作、というご家庭も多かったと思います。
乳幼児期独特の可愛さですよね!
大人が手形とって作っても・・・
それは、それで面白そうですけど(笑)

足型もとりたい!!と思ったのですが
嫌がる園児続出で、断念(笑)


1年を通しても、子ども達の制作内容を見ると
着実に力をつけていることが分かります。
それが、数年単位だともっと・・・!
よく、3歳以上のお母様がいうのは
『顔になってる・・・!!』です(笑)

1歳頃に書いた顔と3~5歳に書いた顔。
全く違いますよね。
でも、それもお子様の成長の証。
大きくなったらぜひ見せて差しあげてください。


WhizzKidsの制作には、前述の通り
制作の工程とねらいが記載された用紙を
一緒に持ち帰って頂いています。

ご自宅で、どこを、どのように作ったのか
その用紙を見ながら、ぜひお子様を褒めてあげてくださいね♪
5月制作内容のご案内です


今月の壁面制作は『』がテーマです。


まず、チェリークラス(1歳クラス)
05C.jpg

①あらかじめ用意しておいた苺に
パステルの中から好きな色を選んで、なぐり描きを楽しみます。

②苺の種に見立てたシールを好きな場所に貼って

③台紙に、苺・苺のヘタ・葉・花を貼って完成!!


チェリークラスは、
・『苺』『花』『葉』などの名称を知る
・画用紙の色やパステルなどで用いた色の名称を知る
・なぐり描きを楽しむ
・シールを使用することで、粘着面がある事に気付く。
 また、指先の巧緻性を養う。
・作品作りを楽しんで行う。

という制作のねらいのもと、行いました。


続いてドルフィンクラス(2歳クラス)は
05D.jpg


①お花紙・画用紙をそれぞれ丸めて、各々のビニール袋に詰める。

②茎やヘタを貼った①に種に見立てたシールを貼る。

③台紙に、苺や葉、花を糊付けして完成!!


ドルフィンクラスは
・柔らかい紙と硬い紙を丸めたり握る事で
 目(視覚)、手(触覚)から素材の違いや変化に気付く。
・紙を握ることで、手の握力を養うと共に指先の巧緻性の基礎とする。
・制作を通し、苺の花や葉の形、色について知る。

というねらいのもとに、行いました。


最後にスタークラス(3歳以上児)の制作。

まずは、3歳児クラス。
S3.jpg

①三角に切ったピンクと赤の折り紙から3枚選び、苺を3つ折る。

②あらかじめ切ってあるヘタを①に貼り、パステルで種を描く。

③カゴの網目をパステルで描く。

④花の中央(おしめ・めしべ)と、葉の葉脈をパステルで描く。

⑤台紙にカゴの持ち手、カゴ、苺を貼り、その周囲に
 花と葉を貼って完成!!


3歳児は、
・折り紙を半分に折ったり、線に合わせて折る事で指先の力をつけ
 集中力を共に育てる。
・見本を見ながらパステルで描くことで、観察力を養う。
・形に沿って糊をつけることで、分量の加減を知る。

というねらいのもとに行いました。


4歳児クラスは
S4.jpg


①赤とピンクの折り紙から3枚選び、苺を3つ折る。

②指定されたパステルでヘタの色を塗り、種を描く。

③~⑤は同様。


・保育者からの援助をなるべく受けず、折り方を見ながら
 複雑な折り方を折る事で、観察力を養う。
・パステルで力強くしっかり描いたり、はみ出さないように
 塗る事で、指先の力を付けるとともに、集中力を育てる。
・限られた選択肢の中から自分で好きな色を選び、配色を考えることで
 思考力、想像力を養う。

というねらいのもとに制作を行いました。


最後に5歳児のクラス
S5.jpg


①ピンクと赤の折り紙から好きな3枚を選び、ヘタの色を重ねた
 2枚重ねの折り紙で苺を3つ折る。

②パステルで種を描く。

③~⑤は同様。


・2枚重ねの折り紙を折り方を見ながら細かいところまで
 丁寧にしっかりと折る事で、観察力、集中力、指先の巧緻性を高める。
・2つ目の苺の折り紙からは、折り方を思い出しながら折る事で
 思考力や思い出す力を養い、記憶力を高める。
・限られた選択肢の中から自分の好きな色を選んで配色を考えることで
 思考力、想像力を養い、配色を考えながらバランスよく貼る制作を
 通して、美的感覚を育てる。

というねらいのもとに行いました。


お持ち帰りは、5月末です。
お楽しみに♪♪