Cafe Whizz Kids

働くお母様のための子育て支援情報満載!千葉県市川市にある保育園が運営しているブログです。

CIMG5074.jpg

今回のクッキングのメニューのは、かぼちゃのおだんご作り!コロコロと丁寧に形を作り、ゴマをかけて出来上がりです。自分で作ったおだんごの味は特に特別で、子どもたちは残さず全部食べました!かぼちゃ本来の甘さが際立つ、とても美味しいおだんごでした!
CIMG5155.jpg

体を使ってのA・B・Cのお勉強です!アルファベットを少しずつ覚えてきているウィズのお友だち。One, Two Three...とカウントも上手になりました!
CIMG5171.jpg

現在ウィズキッズでは、日本以外にも世界6カ国とつながりのある子どもたちが毎日通っています。辞書を片手に、コミュニケーションをがんばろうとしているスタッフの姿を見かけた保護者の方たちもいるのではないでしょうか。入園の際の手続き書類に関しても、実は日本語版と英語版が用意されています。そういったバックグランドの違いに対し、何の隔ても無くひとつの大家族のように毎日子どもたちが過ごしているのがウィズキッズです。小さな年齢から、なんという経験でしょうか!こういった環境は、必ずその子の心をより大きく育ててくれることでしょう! 保護者同士の親睦の機会も企画してまいりますので、よろしくお願いします!
KIF_0740.jpg

私事ですが、ちょうど1カ月ほど前、数日間のお休みをいただき、久しぶりにアメリカ中西部のある州へ帰郷しました。私の母校でもあるハイスクールから、私のごく身近な者が今回めでたく卒業するというので、その卒業式に出席してきたのです。考えてみれば、私はその子が4才の頃からずっと知っていて、今はもう19才です。ちょうどウィズキッズに通っている子どもたちの年齢でありました。ウィズの子どもたちは、10数年後いったいどこで晴れの舞台を迎えているのでしょうか!? アメリカの若人たちの旅立つ節目の日を眺めながら、卒業ガウンにハットを身にまとったウィズの子どもたちの姿を私は想像していました。
CIMG5028.jpg

以前発行されたウィズキッズのニュースレターにも書きましたが、「先生、勉強したーい!」と子どもたちが声をかけてきます。教育とは、勉強をさせるのではなく、学びたい!という気持ちを育む環境がいかに大切なのかを改めて考えさせられる瞬間です。子どもたちが、あまりにも熱心にアルファベットの練習や数字の練習などをするので、木曜の午後は、特にこういったお勉強の時間となりそうです。ウィズキッズの子どもたちは、がんばります!
CIMG4938.jpg

年齢別グループに分けれ、ジョン先生のEnglish Timeを行います。年上のグループはABCのライティングに挑戦するなど、ちょっとチャレンジングなEnglish Time。年下グループの子どもたちは、たくさんのお歌を歌ったり、ダンスをして大喜びでした!また次のEnglish Timeが楽しみですね!
CIMG4931.jpg

さつまいもに水をあげるとどうなるのかな?
そう子どもたちと話をしてから約1ヶ月。これが現在のおいもの姿です。「すごーい!」と葉っぱを見ては驚きの声を上げるお友だち。「紅いよ」と茎の部分を指差して不思議そうに眺めるお友だち。
この後、おいもはどう変化していくのでしょうか???
john

みんなの大好きなコアラやカンガルーで有名なオーストラリアから来たEnglish Timeのジョン先生。とてもやさしく、ユーモア溢れるジョン先生は子どもたちの人気者です!みなさん、どうぞよろしく!
英語の歌やダンスはもちろん、ライティングの練習も行います!
CIMG4701.jpg


子どもたちの願いが空に届いたのか、お天気に大変恵まれたウィズキッズ・ピクニックDay。 今回のピクニックの行き先は江戸川河川敷。 
青空の下で、子どもたちはこぶしを突き上げて、いち・にい・さん!と大好きな体操から始まり、黄色チームと白チームに分かれての玉入れ競争やチーム対抗のリレー競争をちょっとした「ウィズキッズ運動会」のように行いました!
子どもたちの楽しそうな表情が、何よりも印象的な一日でした!