Cafe Whizz Kids

働くお母様のための子育て支援情報満載!千葉県市川市にある保育園が運営しているブログです。

昨日に引き続き、今日も春の嵐の勢力は未だ衰えず...。
この風が本当に暖かさを運んでくるのでしょうか...と思いたくなるような
寒さです。

砂混じりの突風にも負けず、重いコートを纏い出掛けてみました!
が、電車が止まっていたのですぐ引き返しました...(汗)

風が吹くと桶屋がもうかるという諺がありますが、
風が吹くといろいろな事に影響をあたえます。

なかでもこの季節、気になるのはやっぱり花粉でしょうか。

【花粉症とは?】

花粉が原因で、目や鼻に出てくるアレルギー症状です。
花粉が飛んでいる時期はずっと悩まされます。
症状としては、目のかゆみ、まぶたのはれ、水のような
鼻水が止まらない、くしゃみが連続して出るなどですが、
個人差があります。

花粉は、よく晴れた日(前日雨が降ったとき)や
昨日今日のように風が強く空気が乾燥しているとき、
気温の高い日などによく飛びます。

少しでも花粉を避ける防止策としては、

①外出するときは、メガネ、帽子、マスクをする。
②外出後家に入る前に、服や髪の毛のついている花粉を落とす。
③うがいをする。
④バランスのよい食事をする。
⑤室内に花粉が入らないよう窓を閉める

などがあります。

花粉症かな?と思ったら、病院で原因となる花粉を調べてもらい、
治療の相談をしましょう。

*風が吹くと桶屋が儲かるとは?(大辞林より)
  
  →何か事が起こると、めぐりめぐって意外なところに影響が及ぶことのたとえ。
   意外なところに影響が出ること。
   風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。
   盲人は三味線で生計を立てようとするから、三味線の胴を張る
   猫の皮の需要が増える。猫が減るとねずみが増え、ねずみが
   桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。    


 
みなさん こんにちは

今日はものすごい突風が吹きました。
電車も止まってしまうほどの勢いで、
外に置いてあったひよこマークの電光看板も影響を受け、
かわいそうな姿に...。
もうすぐ3月。春の嵐というところでしょうか...

このように自然の力が巻き起こす現象がいつ何時起こるか
わかりません。
私共も常日頃から災害時の対策、危険回避の方法について、
勉強会をしたり、外部研修や訓練をし精進して参ります。