FC2ブログ

Cafe Whizz Kids

働くお母様のための子育て支援情報満載!千葉県市川市にある保育園が運営しているブログです。

こんにちはー^^

近年、あまり見かけないブルーな感じのタイトル。
実は、昨日結構落ち込むような事がありまして・・・。

先日、子ども達と一緒にひまわりの種を蒔きました。
今年は1m~1.5m位にまで成長するひまわり。
夏!!って感じしますよね
『みんなより大きくなったねー!』とか
話しできるなーと、早々に妄想していた私。(笑)

その日からというもの、子ども達は毎日のように
そのひまわりを見に行って、芽が出るか待ちわび
芽が出ては喜び、双葉がどんどん成長していく様子を
見守り続け、私たちもその姿を微笑ましく見ていました。

保護者の方々も、『来て、来てー!』と手を引かれて
見に行かれた方もいらっしゃいましたよね。
それもまた、微笑ましくて・・・


最近は結構大きくなってきて、8月には咲くなー!とか
種、上手く出来たら子ども達にも持って帰ってもらえるね!
とか話してたんです。

保育園のあるテナントの大家さんも
毎日毎日見に来てくれて、水をあげてくれる事もありました。


で、そのひまわり。
今の姿がコレです。

DSC03567.jpg



何が起きたか・・・。
実は、火曜日の夕方から夜にかけて
誰かに抜かれていたんです。
根こそぎ。
しかも、全部。
芽が出たひまわり、全部です。


そして、その抜かれたひまわりは、近くにある
大家さんが育ててくれているサツキのプランターに
隠すように置いてありました。


悲しい、という気持ちが湧きましたが
その後、子ども達が種を蒔いた時の事、毎日見に行っては
嬉しそうにしていた子ども達の事を思い出して
もの凄く、腹が立ちました。
いや、正直まだ腹の虫が治まらないというか・・・。


そして、思い出してしまったことがもう1つ。
実は、昨年のひまわり。
サイズが少し小さめだったんですけど
見事に咲いてくれたんです。

咲いたー!と喜んだ次の日。
花の部分をハサミで切られてしまっていました。

子ども達は、キレイだから欲しくなっちゃったのかなー
なんて、寛大に受け止めていました。
(その他の花は残っていたので、これがあるからイイと。)

私はというと、そんな寛大に受け止められずに
ものスゴーーーーク頭にきてましたケド。(苦笑)


話しを戻して・・・

子ども達も、やはりすぐに気付きました。
自分で見た時も『あれ??違うプランターと勘違いしてる?』と。

大家さんにも、どうする?と聞かれ、散々悩んだ挙句
子ども達も気付いているし、全部話すことにしました。


ひまわりに足が生えて勝手に動きだして抜けた訳ではない。
誰かが、育てたひまわりを抜いたという事実があります。
この現実を知る事で、人に対して嫌なイメージを
抱く事になってしまうことがあるのではないか・・・
枯れちゃった、と言った方が、子ども達は傷つかないのではないか。
と、色々と考えてしまったには、しまったのですが・・・。


でも、この経験から、いたわる気持ちを、
誰かの思いや努力、夢を応援できるような気持ちを
持ってほしいという気持ちもあり・・・。
痛みを知っている人は、優しくなれますからねー。


とはいえ・・・
正直な所、あの時の子ども達の顔の暗さ、表情は
見るに堪えかねるものでもありました。

ただ、私たち以上に子ども達は心を痛めている訳で・・・。


今からもう一回、ひまわりを植えたいと言われましたが
開花までの時期が明らかに間に合わない。
そして、また抜かれてしまうかもしれない。

それも含めてどうするか、と聞いたら
それでも蒔こう、みんなで考えて今から蒔いて咲く花の
種を蒔こうという事になりました。


ということで、少し間はあきますが
また新たに種を蒔こうと思っています。