FC2ブログ

Cafe Whizz Kids

働くお母様のための子育て支援情報満載!千葉県市川市にある保育園が運営しているブログです。

CIMG7576_edited.jpg


CIMG7584_edited.jpg


CIMG7581_edited.jpg


こんにちは!
12月ももうすぐ終わり。日に日に寒さが増すこの季節。
朝、目覚ましの音に気づきながらもちょうどいい具合に温まっている布団から
出るのが一苦労...。 あと10分...あと5分なんて言っていると、

“Wake up! Rise and shine!”
((話・おどけて))起床! さっさと起きる! 

なんて言葉が聞こえてきます。

ウィズキッズの子供たちは毎日お昼寝をします。
ランチを食べてお片付けをした後、歯磨きをし、準備ができた順に布団に入ります。
心地よいオルゴールの音色と心臓音のハーモニーが精神を落ち着かせ、
子どもたちを眠りへと誘います。

ゆっくり休息をしお昼寝から目覚めた後はお待ちかねのスナックタイム(おやつの時間)!
排泄をすませ、よく手を洗い、配膳の準備ができるまで各自椅子に座って待ちます。

おやつの前はストーリータイム(絵本の読み聞かせ)。
今日は「うんとこしょ!どっこいしょ!」でお馴染みのロシア民話、みんなが大好きな
「大きなかぶ」のお話です。

「うんとこしょ どっこいしょ」の掛け声と何度も繰り返される言い回しがおもしろく
言葉も韻を踏んでいるため、ちいさな子供たちも無理なく楽しく覚えることができます。
子どもたちの真剣な眼差しに先生たちも思わず力が入ります。

みんなが大好きなお話の一つに「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
(くまさんくまさんなにみてるの?)」 というお話があります。これは児童文学で一世を
風靡した「THE VERY HUNGRY CATERPILLAR (はらぺこあおむし)」 でおなじみの
エリック・カールが挿絵を担当しています。

クマというのは獰猛(どうもう)な動物ですが、意外にもいろいろなキャラクターに使われたり、
子供向けのお話にも度々登場するため老若男女問わずとっても人気がありますよね。
余談ですが、私の通っていた米国の大学のイメージキャラクターもBruin(ブルーイン゙=童話や
中世の動物物語に出てくるクマの名)という名前でやっぱりクマでした。

クマと言うと真っ先に思い出されるのが冬眠。
今回はこの冬眠にまつわるお話をご紹介します。
これはネイティブの幼稚園児向けに書かれているため、文体も平易で暗唱するにはとても
よい教材です。


A Long Winter's Nap

When winter comes, there is not much food for bears.
It is time for many bears to sleep. Bears don't just nap.
They sleep all winter long!

Fall
Bears eat a lot! They get fat on berries, nuts and small
animals.

Winter
Bears find warm spots to sleep. They do not eat or drink
for many months.

Spring
Bears wake up when it is warm. Mother bears bring out
cubs that were born during the long rest.

(Time for kids magazine, ©2001)

自然の摂理というのは本当に不思議です。
私は秋から冬にかけて食欲が増し、脂肪層という名の皮ジャンならぬ
“肉ジャン”をまとっています。これも自然の摂理の一環なのでしょうか...(涙)

みなさん、お子様たちに絵本をたくさん読んであげてくださいね!!!